ホーム  代表者  活動履歴  研究発表  意見・異見  危ない会社    アソシエイト

講演・コンサルタント 承ります。

90分 30,000円から

テーマ・時間・料金、相談に応じます

  気になる、興味あるテーマがございましたら、

次のメールアドレスまでご連絡下さい。

high_cityjp@yahoo.co.jp

リスク管理研究所

 

  

テーマ1.リスクマネジメント実施の基本

 近年企業を取り巻くリスクは多様化・特殊化・巨大化・ヒステリック化しています。

   些細なリスクでもその対応を間違えた事によって、企業の存続を揺るがす程の甚大な損害を受けた事件が多々見られます。

   リスクマネジメントを知らずして企業経営を行う事は、武器を持たずして戦争に赴くようなものです。

   リスクマネジメントは会社を守る為の社内の施策であるだけでなく、内部統制の基本的要素として企業経営に於いて重要な役割を果たしています。また社会的な要請、法的に規定された責任・義務であり、経営者およびビジネスマンにとって必要不可欠の知識・業務になっています。

   本講は企業がリスクマネジメントを実施するのに必要な、組織・ポリシー・規約づくりから、リスク処理フローの基本、実際の業務(リスクの認識評価・対応の仕方)について説明・指導致します。

 

 

テーマ2.自社の信用管理「受信管理」の仕方

  買い手が仕入債務を計上するには、売り手から信用を得る(受信)ことが必要です。

   自社の信用度が不当に低く評価されることによって「取引を拒否される」「不利な取引条件を強いられる」「即金決済を要請される」などの「受信リスク」を回避するには、受信管理が有効な手段になります。

    自社の信用を高め、如何に取引を有利にするか、優良企業を取引先にするための方法を説明、指導致します。

 

 

テーマ3.戦略的与信管理の仕方

   企業の安定及び成長には、信用ある取引先の確保、強固な取引基盤の形成が必要不可欠です。従来の与信管理は販売先だけを対象としてきました。

   しかし、リスクをもたらす取引先は販売先だけではありません。サプライチェーンの寸断や仕入先・外注先の不祥事によるリスクは販売先に匹敵、時にそれ以上です。

   本講は従来の与信管理にリスクマネジメントを融合させ、全ての取引先のリスク管理を行う方法を具体的に説明致します。

 

 

テーマ4.与信限度の実務

   与信管理の重要業務に「与信限度の設定・運用」があります。具体的な金額の計算には数多くの方法があります。しかし、それぞれに欠点を抱え、中には全く意味のないものもあり、実際の計算になるとそのまま使えないのが実情です。更に販売先以外の取引については全く触れていません。

   本講は与信限度額の計算方法だけでなく、仕入先や外注先などの取引先に対する取引信用限度額の設定についても、具体的かつ論理的に説明致します。

 

 

テーマ5.高リスク企業「HRC」の見分け方

   従来の「危ない会社の見分け方」は、売上債権のある販売先を対象とし、焦げ付きや不良債権の発生を縮小・防止するために、経営悪化企業を発見するものでした。

   しかし、企業にリスクをもたらす取引先は販売先・売上債権だけではありません。

   講師は企業にリスクをもたらす取引先の全てを6つに分類し、これらを高リスク企業、HRC(high risk company)と名付けました。

   本講ではHRCを発見するためのチェック方法を説明致します。

 

 

テーマ6.会社偽装、その手口と対処法

   粉飾は決算書だけではありません。社名・所在地・設立年月日・資本金・・・あらゆるところに粉飾が潜んでいます。

   経営分析や評価システムが如何に素晴らしくとも、使用する企業情報・データが粉飾されていたら、実態とは全く異なった評価になってしまいます。

   本講は企業情報・データの各項目が如何に粉飾されるか、その手口を解説するとともに、適切な評価の仕方を説明致します。

 

 

テーマ7.その他

   本HPの「活動履歴」「研究発表」「意見・異見」「危ない会社」に掲載されている内容について、全て講演・コンサルが可能です。

 興味のあるテーマがありましたら、是非ご連絡下さい。

                 ホーム  代表者  活動履歴  研究発表  意見・異見  危ない会社

inserted by FC2 system